頭皮に刺激を与えて発毛を促すような櫛とは?

>

日本人に愛されてきた櫛

毎日のケアで丈夫な髪に

自分に合った櫛を使うことによって様々な効果が期待できます。
まず、頭皮を程良い力で刺激することによって血行促進効果が得られ、新しい髪が生えてきやすい頭皮を作り出すことができるといいます。
次にブラシではなく櫛ならではの効果として挙げられるのは、髪の毛に付着したホコリや余分な角質を取り払うことができるという点です。
さらに櫛には、頭皮から分泌された皮脂を毛先まで行き渡らせるという効果やキューティクルの向きを揃えるといった効果が期待できるため、艶やかな髪を手に入れることができて毎日のヘアケアにはもってこいだと言えるでしょう。

櫛を使って髪をとかす際には、はじめから一気にとかそうとしないことが大切だといいます。
無理にとかそうとすると途中で髪が絡まって切れたり抜けたりする原因になってしまうので注意した方がいいでしょう。

櫛とブラシの違いとは

櫛とブラシはどちらも髪の毛をとかすために使用するという共通点はありますが、厳密には異なるものを指しています。
櫛というものは歯が一列に並んでいて細くて薄い形状だという特徴があり、主に木かプラスチックで作られていることが多いようです。
一方ブラシはそれよりも幅が広く歯が何列もついているというのが特徴です。
ブラシには様々な素材のものがありプラスチック製のものから木製のもの、獣毛を使ったものなどその用途も多岐にわたるようです。

頭皮に刺激を与えることで毛髪に必要な栄養が行き渡り健康な髪を育てることができると言われています。
そのためには櫛やクッション性のあるパドルブラシなどを使うといいでしょう。
たくさんの商品を比較検討しながら、自分に合った道具を見つけてヘアケアを続けていってほしいと思います。


この記事をシェアする

このページのトップへ